さつき鍼灸整骨院のブログ

ホーム ≫ 月別ブログ

明日から3月です。

2017.02.28 17:03

いよいよ明日から3月。

早く暖かくなるといいのですが…もう少し寒い日は続きそうですね(/_;)


先日の休日に“At the21“にお好み焼きを食べに行ってきました!

ここを、紹介するのは2回目?かな。

有名店なので、いまさら紹介するのもあれですが。。


ここのお好み焼き、ふわっふわで本当においしいんです(*^_^*)

何より、豚とかイカとか主力の具が苦手な私にもってこいな、素のお好み焼きがあるんです!!


…実は、お好み焼き自体があまり好きではなく好んでは行かないのですが、ここのは別。

いつも混んでるのですが、並ぶ価値はあると思います♪


そして、話は変わり…

ヨガスタジオCORE豊中店の予約がWEBからとれるようになりました~!

池田店と行ったり来たりできるので、ご都合に合わせてレッスンを受けていただけます。


ヨガスタジオCORE ご予約・スケジュールはこちらから


明日3月1日より、嬉しい豊中店キャンペーンを行います(^^♪

2回体験通常のところ3240円ですが、2回2700円で受けていただけます!

2回体験終了後、チケットを購入された方は、入会金0円です!


ぜひお得なこの機会に…☆彡


ヨガスタジオCOREホームページはこちら



整骨院ブログ「背中の痛みと腰痛」

2017.02.21 13:20

最近、雨の日が増えてきました。「一雨ごとに暖かくなっていくといいね~」と患者様と話をしています。しかし、以前と比べると寒さは和らいできたものの、暖かくなってくると次は花粉が…。「今日は飛んでるよ」とおっしゃられる方も増えてきました。次は花粉対策を考えなければいけませんね。

腰痛と背中の痛みに対する症例

今回の整骨院ブログは、腰痛と背中の痛みを訴えられ来院された方の症例をご紹介させていただきます。

この患者様の訴えは、「以前に風邪を引いたときの咳が原因で背中が痛みだし、最近は腰痛もひどくなった」というもの。風邪を引いて咳が長引くと、身体の中に異物(ほこりや、ウィスルなど)を外に排出しようと、胸の筋肉を酷使します。激しい咳が連続すると、筋肉も疲れ、その激しい衝撃で肋骨を骨折した症例もあるほど。それだけ「咳」は、身体にかかる負担が大きな動作でもあるのです。

患者様の猫背になっていることに着目

当初、背中の痛みと腰痛は、また別の理由が原因だと考えていましたが、治療していくうちにその関係が明らかになってきました。主訴である腰痛が治ってくると、背中の痛みと咳が徐々に軽減してきたのです。この患者様は、日ごろ運動する習慣があまりなく、椅子よりも床に直接座っていることが多いとのこと。ここで考察しなければならないのは、いつも床に座っているために、つねに猫背の姿勢なっているという点。猫背の状態では、しっかりと咳をしているつもりでも、肺を大きく膨らませることができない。そのため、小さな咳しかできずなかなか治る事がなかったのです。

カイロプラクティックで身体全体を治療

この患者様の身体全体を診て行くと、姿勢の傾きと猫背が大きく目立ちます。主訴は腰痛ですが、腰を治療するだけでは治らないと感じました。そこで患者様と相談をし、保険料金と実費を少しいただき身体全体のカイロプラクテックの治療を進めていきます。カイロプラクティック治療を進めるうち、腰痛が軽減。身体の傾きが少なくなってくるにつれ、しだいに呼吸が楽になり咳をする回数が減ってこられました。やがて腰痛が治まってきたころには、咳もおさまってこられました。一見すると、咳と腰痛は関係しないようにも思えます。しかし肺や気管支などに病気が無い、今回の様な場合には、カイロプラクティックの治療は有効ではないかと考えています。

HAPPY BIRTHDAY 自分!!

2017.02.20 15:55


さつき鍼灸整骨院 受付天野です!

今日は雨で憂鬱ですね。


私事ですが、先週の土曜日は誕生日でした\(^o^)/

専門学校を卒業し、こちらでお世話になり来月で11年目に入ります。

っていうと年齢が分かりますね。

あの頃は、ツインテールや三つ編みで仕事したり、ピンクや金色のエクステをつけていました…笑(@_@;)

恐ろしいですね…笑  若いって素敵です。

年が経つのは本当に早いものです…


そして日曜日に家族でごはんに行きました!(残念ながら主人は不在)

江坂にある、虎寿司さんへ。

ネタがすっごく大きく、おいしいのに安いんです♪

写真ではいまいち大きさが伝わらないのが残念…(/_;)

店名も素敵でしょ?!

阪神ファンで、寅年の私にぴったり~


おなかいっぱい食べたのに、隣の焼き鳥やさんでお持ち帰り。

帰宅後、コーラに焼き鳥\(^o^)/

コーラは絶対赤い缶!!(これ大事)

最高の組み合わせ\(^o^)/

…からの、ポップコーン\(^o^)/

朝ごはんはショートケーキでした\(^o^)/


ダイエットは、明日からっ(^^)v


…ダイエットと言えば運動。

いよいよCORE豊中店オープンします!

プレオープンはあさって22日(水)から28日(火)まで。

まだ空いてるクラスもありますよ~。

すでにCORE会員様も、一回だけ1000円で受けていただけます!


そして長らくお待たせしておりました豊中店3月1日からのスケジュールも出来ました!

COREブログにアップしているので、COREのホームページをご覧ください(^^)

池田店の雰囲気とまた違った感じになっていますよ♪







整骨院&ヨガのプロフェッショナル勉強会2月(骨盤、股関節、体幹ー腹筋)

2017.02.16 16:54

整骨院&ヨガのプロフェッショナル勉強会(骨盤、股関節、体幹)

今週は話題が盛りだくさん!

先週、先々週と宝塚医療大学から学生が4名見学に来ていて、何かとバタバタ日を過ごしていましたが、

今週はバレンタインデー!

患者さんからチョコレートを頂けるなんて本当にありがたい限りで、毎年毎年、どうもありがとうございます!

また、ヨガスタジオCOREのインストラクターの先生たちからも高級チョコで有名なルノールト?レノールト?

間違えました LENÔTRE(ルノートル)でした。


正直言って、全く知りませんでした(^_^;)


また、さつきの看板娘、まどか嬢からもバレンタインチョコならぬバレンタインポップコーンを頂きました。


なんか変!


やっぱり変!!


もらってる風には見えませんねぇ~

どれもめっちゃ美味しかったです!!!


さて、その翌々日。
今度はヨガスタジオCOREのインストラクターの先生方との勉強会!

骨盤と股関節と体幹(主に腹筋)についてです。

①骨盤ー骨盤底筋といってハンモックのような形をしていて女性に多い生理痛、尿漏れ、産後の腰痛など

非常に繊細で重要なところですが内容はちょっと細かくやり過ぎたかなぁ~

②股関節ー股関節の柔らかさがどんなスポーツ、日常動作にとってとっても関係しています。

また、股関節周囲には足に行く血管やリンパ節もあって、足のむくみ、足の冷えも関係していて

股関節の疾患「変形性股関節症」「臼蓋形成不全」なども勉強して、ケガのリスクにもしっかり対応

③体幹(主に腹筋)ー誰もが腹筋を鍛えたいなぁ~と思っていませんか?

ちょっとした身体の使い方、意識の向け方や呼吸によって上手に鍛えれるんですよ

また、いろんなトレーニング方法を取り入れながら、ヨガスタジオCOREは進化しています!


ヨガスタジオCORE豊中がプレオープンします!

2/22(水)~2/28(火)あと少し空きがあるのでお早めに!!


当院でもご予約承っています
























柔整師・カイロプラクター監修 身体の歪みをチェック

2017.02.16 10:53

あなたの身体は、歪んでいませんか?
今回は鍼灸整骨院の現役、柔整師・カイロプラクターが監修する「身体の歪みチェック」です。

身体が歪んでいるか否かは、肩甲骨・股関節・手首・足首がどれほど伸びるかによってはかることができます。まずはストレッチを行い、ご自身の身体の状態を確認してみましょう。

身体の歪みをチェックポイント1 手首

左右の手首を後ろ側に90度背屈(そらす)ことができますか?

1 90度に両手を反らすことができる

2 片方の手は90度に反らすことができるけれど片方の手はできない

3 両手とも90度に反らすことができない

身体の歪みをチェックポイント2 足首

和式便器に座るようにしゃがみ、両足のかかとを地面につけることができますか?

1 楽にポーズをとることができて、かかとも地面につけることができる

2 片方の足のかかとは地面につけることができるが、もう片方の足のかかとははなれる

3 両方足のかかとを地面につけようとすると、うまく座れず後ろに倒れてしまう

身体の歪みをチェックポイント3 肩甲骨

あなたは背中の後ろで、手を組むことができますか?

1 両方の手を後ろで組むことが出来る。さらに、ワキに力を入れれば肩甲骨を意識的に浮かすことができる

2 右手を下の方から、左手は上の方からなら組めるが、その逆はできない

3 左手を下の方から、右手は上の方からなら組めるが、その逆はできない

4 両方の手を背中の後ろ側で組むことができない

身体の歪みをチェックポイント4 股関節1

足を開いて身体を前に倒しこむことができますか?

1 ヒザを真っ直ぐに伸ばし開脚は90度以上、腰を曲げることなく上半身を前に倒せる

2 ヒザを真っ直ぐに伸ばして開脚は90度以上にすることができる

3 股を広げることができるが両ヒザor片方のヒザが内側、もしくは外側に向いてしまう

4 股がほとんど広がらない(60度以上)

身体の歪みをチェックポイント5 股関節2

「合(がっ)せきのポーズ」とりつつ、身体の上体を前に傾けることができますか?

※「合せきのポーズ」とは? ・・・ 座って両ヒザを曲げ、両足裏を合わせて更にかかとを股側に近づけるポーズ

1 両ヒザが地面につく。さらにお腹もかかとにつくように身体を前のめりにできる

2 左のヒザが右ヒザより上に上がってしまう

3 右のヒザが左ヒザより上に上がってしまう

身体の歪みをチェックポイント6 股関節3

「ハードル飛びのポーズ」を行い、その状態をキープして身体を前のめりにできますか?

※「ハードル飛びのポーズ」とは? ・・・ 陸上競技のハードル飛びのように、前に出した片足をまっすぐに伸ばし、反対側の足は90度曲げるポーズ

1 右左のヒザいずれの形も問題なく行うことができ、身体も前に倒すことができる

2 左足を前に出すポーズは問題ないが、右ヒザを前に出す姿勢はとりにくい

3 右足を前に出すポーズは問題ないが、左ヒザを前に出す姿勢はとりにくい

4 両方の足・ヒザで、ポーズをつくることができない

歪みの診断結果

6つのポイント診断はいかがでしたか?各番号を集計してみましょう。

1が5つ以上 ・・・ 身体に歪みは見られないようです。健全な状態といえるでしょう。

1と2が合わせて4つ以上 ・・・ 身体の歪みはほぼ見られないようです。

3と4が合わせて3つ以上 ・・・ 残念ながら若干身体に歪みが見られるようです。

4が3つ ・・・ 身体に歪みがあるように見受けられます。

なぜ手首・足首・腕・内股に歪みのサインが現れる?

身体の歪みは、手首・足首・腕の伸び具合・内股の伸び具合に現れるのか?

この件については、今後の整骨院ブログで詳しく記載させていただきます。ここでご紹介したのは、歪みのチェックでもありますが身体の歪みを是正する体操でもあります。4の項目が3つついている方であっても、毎日少しづつストレッチを続けていれば、徐々に身体の柔軟性が回復してくるはずです。無理のない範囲で、ストレッチを行いましょう。

「肩こりや首の痛みは治る」柔整師・カイロプラクターが解説 

2017.02.14 19:59

肩こりや首の痛みは、多くの方にとって身近な症状。しかし身近だからといって、気にせず暮らせるものでもありません。症状がひどい場合は、お仕事を休んだり寝込んでしまうなど、日常性に支障をきたします。

首とその周辺の身体のはたらきを知ろう

症状を知るには、その原因を探らなければなりません。まずは、首や肩など痛みや不快な症状が起こる箇所の構造を知りましょう。当鍼灸整骨院がお送りする本コラムでは、身体の構造や仕組みを通じて、現役の柔整師・カイロプラクターが、肩こりや首の痛みに対する解説を進めていこうと思います。

肩こり・首の痛みの背景は一体どんなもの

さつき鍼灸整骨院に通院される患者のなかでも、もっとも多い症状の一つがこの「肩こり・首の痛み」。もはやこの症状は、現代人の慢性疾患といっても過言ではないでしょう。なぜなら、肩こりは人間だけが行う「二足歩行」に深く由来しているからです。

でもいったいなぜ?

直立二足歩行は、首に負荷を与える

人間がまだ、他の動物と同じようなスタイルで暮らしていた時代、歩行のスタイルも「二足」ではなく「四足」でした。我々の祖先は、二本足で立つことで、前足が「手」へと変化。多様な道具を使うことが出来るようになったのです。それに伴い、骨格や筋肉の構造も変化してきました。

動物と人間では骨格形状がそもそも違う

動物は両脇と両脚を使って歩行する、四足歩行を行います。そのため骨格的は、肩甲骨を背骨にのせるような形状になっています。しかし我々人間は、二足歩行を行うため背骨の上に頭蓋骨を置き、背中に肩甲骨を背負いこむような形状をしています。そして両腕はというと、肩にぶら下がるという、他の動物には見られない独特なスタイル。これでは、首・肩・背中に負担がかかるのも無理ありません。

人間の肩甲骨は、鎖骨・上腕骨といった関節とは接点がありますが、胴体上部との接点がゆるいという構造をしています。つまり重たい腕の筋肉や骨、それにつながる肩甲骨を、肩の筋肉だけで繋ぎとめているという恰好になります。

さらに首や肩の筋肉でもって、身体で最も重い頭も支えなければいけない。これだけでも、相当な負荷が首や肩にかかっていることがわかりますね。

現代的なライフスタイルも「肩こり」と関係する

上記で説明したように、構造的に私たち人間は「肩こり・首の痛み」をおこしやすいのだということがわかっていただけましたか?けれど、肩こりの原因はそれだけではないんです。身体の構造にプラスして、現代的な暮らしのスタイルも、拍車をかけている要因です。

肩こりの原因となるライフスタイルの例

・エスカレーターやエレベータの利用による筋力の低下

・各種交通インフラによる運動不足

・デスクワークや車の運転などの座り仕事

・看護師・美容師・販売業などの立ち仕事

・過密なスケジュールや余裕のない仕事によるストレス

このように、現代人は肩こりや首の痛みを誘発しやすい環境下にいるといえるでしょう。筋力の低下・負荷だけでなく、自律神経の乱れやストレスも症状を悪化させる原因になることを覚えておいてください。

カイロプラクター・柔整師が考える「身体の歪みについて」

2017.02.14 11:12

「身体の歪み」皆さんはこの身体の不調に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?目・鼻・口・耳といったお顔立ちについての不均衡と捉える方もいらっしゃるかもしれません。肩の高さや腕の長さの不均衡をイメージされる方もおられるでしょう。足の長さや大きさの違い、それに伴う歩き方の悪さを思い出す方もおられるかもしれません。

手のしびれや肩こり・腰痛・頭痛も身体の歪みと関係する

手のしびれや腰痛・頭痛も、大局的に見れば身体の歪みと関係しています。これらの症状は、男性女性問わず生活する上で、不快な感覚を覚えるもの。そして特に女性は、体力・筋力ともに男性にくらべ乏しいこともあり、より生活に深刻な影響を受けがちです。

身体の歪みを放置することは見た目にもよくない

身体の歪みは、姿勢の悪化を招きます。姿勢が悪化すると、立ち姿や座位も美しいとはいえません。女性はつねに美しくありたいと願うもの。女性心理の側面からみても、身体の歪みは好ましいものとは言えないのです。

サプリメントや食事だけでは身体の歪みは改善されない

身体の歪みは、サプリメントや食事に気を配るだけでは、改善されることはありません。正しい姿勢や生活環境があってこそ、改善されるものなのです。しかし、長年培った身体のバランス感覚は、そう簡単に是正されるものではないのです。さつき鍼灸整骨でも、通院される患者さんの大半が、ご自身の身体のバランスの崩れや歪みを意識されていないように感じています。

通院してもまた繰り返される身体の不調

身体の歪みが改善されないまま、身体が訴える痛みを治そうと通院されても、時間の経過とともに同じような症状で苦しむことになりかねません。

ここまでコラムを読まれた方の中には…

「では身体の歪みは一体どんなものなのか?」

「歪みが悪いのはわかるが、何が原因なのか?」

「自分で歪みを矯正できるのか?」

とお感じになる方も多いことでしょう。

さつき鍼灸整骨院は、池田・川西・箕面に根差した整骨院カイロプラクティックオフィスとして、身体の歪みとその矯正について尽力する治療所です。これからもホームページやコラム・ブログを通じて、地域の方々の身体に役立つ情報をお届けしていきます。

背骨と骨盤の役割は非常に重要

身体の歪みを考える時、非常に重要なポイントそれが「背骨」と「骨盤」です。このブログは、柔整とカイロプラクティックという異なる観点から見た考察を述べたもの。身体の歪みは、長年の生活習慣に起因することが多いものです。加齢やご病気で身体の関節や靭帯が柔軟性に欠けることもあると思います。しかし歪みの改善に、「あきらめは」禁物。日々わずかながらでも、改善を繰り返すことで、身体は徐々に快方に向かいます。あせらずゆっくりと、進んでいくことに意義があると感じています。

宝塚医療大学の生徒さんが見学に!!

2017.02.10 15:53

二週にわたり、宝塚医療大学3回生の学生さんが、当院に見学に来ました!

月・火・水の終日来ていたので、お会いした患者さまも多いと思います。

患者さまからは、「おっ!!ニューフェイスが二人も!!」とか「かわいいねぇ(^^)(男の子二人)」など皆さま明るく迎えてくれました♪


1日目は、緊張もあり、どう動いていいのか分からず…といった感じでしたが、徐々に慣れてくると大きく元気な挨拶や、率先して器具やベッド片付けたり。

治療中の患者さまの見学をし、メモをとり、疑問点は質問し…

時には、実際に身体を触らせてくれる患者さまも。


学校の授業で身体を触診したり治療の流れなどロープレすることはあっても、実際の現場に立ち患者さんと関わるというのはすごく貴重です。

皆さまに快く受け入れて頂き、本当に感謝しています。

ありがとうございました。


学生さんに対する気持ちは、受付であるわたしと、治療スタッフとでは違うと思います。

でも共通して思うことは、これからもしっかり勉強し、誰からも愛され頼られる立派な治療家になってほしいという事。


がんばれ~!!


(二週目に来た生徒さんとは写真を撮ることを忘れていました…(/_;))


















池田整骨院ブログ「肩こりとデスクワーク」

2017.02.09 17:25

池田整骨院ブログ「肩こりとデスクワーク」

 

今日からまた冷え込んで週末は更に気温が下がるようで注意しなければいけませんね。最近、海外から帰ってこられた患者さまが「気温は日本の方が高いのに気温の低い海外の方が暖かったよ。大阪寒いわ~」って話をしました。湿度が体感温度に関係する様なのですが、ずっと大阪にいる私には実感なしです・・・さて、寒暖の差が出てくるにしたがい、肩こりの症状を訴えられる患者さまが増えてきています。今回は肩こりについて来院された患者さんの症例を書いていきたいと思います。

デスクワークをしているとだんだん肩がつらくなってくる

仕事が事務職でほとんど一日座っている状態。普段はそれを解消すべく週一回で運動をしているけど肩こり解消まではいっていない。運動をした時は身体は軽くなるけど、翌日には元に戻っている。寒い時期になると肩こりの症状は余計に気になってくる、という事でした。

防寒対策とデスクワーク

気温が下がってくると、厚着をしたり首元まである服を着用したりとあの手この手で防寒対策をして身体を締め付けています。そして、歩いている姿を見ていると肩をすくめて歩行されている方が多い!!これでは普段より肩への負担が多くなってしまいます。そして長時間のデスクワークです。効率良く指先を動かす為に肩周りの筋肉を固定しての作業をしますが、身体を固定するというのが良くありません。直立不動と動き回るのとでは、動いているほうがストレスはすくないですよね?身体を固定した為のストレスは、足を組む、斜めに座る、といった方法で少しでも解消しようとします。それが続くと身体の歪みへとつながっていきます。

全身を診る事で肩こりを解消していく

普段のデスクワークで肩こりを感じ、寒さの為にさらにストレスを感じて身体が辛くなっていく。この様な場合、肩こりだけを治療していくのでは間に合いません。ある程度回復するまでは、身体にかかった負荷を軽減させていくために全身を緩める治療が必要になってきます。症状が悪化して辛くなる前に一度来院してみませんか?当院の診療案内にも肩こりのページを載せていますので一度ご愛読頂けたらと思います。

池田整骨院ブログ「冷えと膝の痛み」

2017.02.01 13:36

池田整骨院ブログ「冷えと膝の痛み」の症例について

 

最近、寒い日が続きますが身体の調子はいかがでしょうか?患者さまからも風邪やインフルエンザが流行ってきています。手洗いとうがいをこまめにして身体を暖かく、しっかりと体調管理をして乗り切っていきましょう。これだけ寒くなってくると身体の芯から冷え、普段感じなかった身体の他の部分まで症状を訴える方も多くなってきました。今回は冷えてくると膝の痛みを訴えられた患者さんの症例紹介と経過観察をコラムに記載していきたいとおもいます。

冷えると膝の痛みが出てくる患者さまの症例     

今回来院された患者さまは特に思い当たる原因もなく最近膝の痛みや違和感を感じるようになってきたとおっしゃられていました。膝の痛みや違和感は「何かをしたから痛くなった」ではなく、思いつあたる原因がない場合も本当に多くあります。

過去には膝に溜まった水を抜いたことも                      

今までに膝を痛めた事が無いかを聞いてみると、以前に何度か膝に溜まった水を抜いたことがあるとの事でした。その時は水を抜くと症状は落ち着いたが、また溜まると歩行が困難になる、立ちづらさがあるとの事でした。水を抜けば楽になるのですが注射を毎回するのはつらいので、他に方法を探していたそうです。整形外科でのレントゲン検査では軟骨が磨り減っている事を確認しました。歩行では少し身体を傾けながら歩かれており、ご自身では普通に歩かれているつもりでしたがすこし不自然な動きがあります。膝関節も曲がる角度に左右差があり、足の長さも左右違いがあります。

冷えから発症した膝の痛み                            

気温が下がり身体が冷えてくると、少しでも体温を下げまいと身体を小さく丸め温度を逃がさないよう力が入ります。一度は経験があると思いますが寒いと自然と肩に力が入り気がつくといかり肩になっていて・・・固まり肩こりになった。という方は多くいらっしゃると思います。

膝の痛みを下半身から治療する                          

今回は冷えによって身体の動きが思うようにならず、その負担が身体の弱い部分に出た結果、膝の痛みを訴えると考えて治療していきました。足の長さを揃え、身体の歪みを少なくするために腰から下をカイロプラクティックのテクニックを使い治療します。回数を重ねるにつれ、身体の歪みが少なくなり膝の軟骨が磨り減り痛み、違和感のあった可動域も改善されていきました。そうすると冷える日でも身体に余裕が生まれ、痛みも緩和され、気になる日が少なくなりました。膝の痛み、違和感が取れるまではもう少しかかると思いますが、最後までしっかり診ていきます。

膝の痛む原因は様々あります。当院のホームページの診療案内にも『膝の痛み』を載せていますので一度ご愛読いただければと思います。

さつき鍼灸整骨院

どんなことでもお気軽にご相談ください。 TEL.0120-534-137

お問い合わせフォーム

受付時間表