さつき鍼灸整骨院のブログ

ホーム ≫ 月別ブログ

小島鍼灸整骨院の先生方と☆

2016.09.26 19:20

先日、小島鍼灸整骨院の先生方にお誘いいただき、甲子園へ行ってきました!

(ちゃんと4人写っています♪)


小島鍼灸整骨院の先生方、なんと0勝…\(◎o◎)/!

未だ勝利の六甲おろしを歌ったことがない…との事。

これは、なんとしてでも勝ってもらわなければ!!


勝つ気満々なので、勝った時に飛ばす風船も購入。

(もちろんいつも勝つ気ではいます!)


阪神梅田駅のミックスジュースで待ち合わせしていたのですが、早く着いたので初ミックスジュース!

美味しかったです♪


甲子園では、食べて~飲んで~応援して(^^♪


試合始まって先頭打者の初球…レフトへのホームラン。

試合もう始まってたんですね。


ホームランボールがすぐ近くまで飛んできました。


☆7回ラッキーセブン☆

風船膨らませるの早すぎる人が多すぎ!!!

割れて選手びっくりするやん?(*_*)

(私もびっくりする…)


負けてしまったけど、点の取り合いで面白かったです♪

そして…先生方、黒星記録を更新してしまいました…(/_;)

勝利の女神にはなれず、申し訳ありませんm(__)m

だいぶ試合内容はしょりましたが…(いつものこと)

最後に。

初めて甲子園でテレビに映ったー!!!!!!!

わーい\(^o^)/


録画しとけばよかったなんて思っていたら、なんと中村院長先生がユーチューブで探してくれました!

ラインで写メまで送ってくださり、ありがとうございます\(^o^)/


鳥谷さんタオル持ってて良かった♡

でも…動画見ても全然顔楽しそうじゃなかったーーー

ほぼ、真 顔 ('_')


実際は、ものっすごく楽しかったですよ!

小島鍼灸整骨院の皆様、楽しい時間を本当にありがとうございました♡



そして、今年の甲子園観戦は終わり。

なので、(毎回同じような)甲子園ブログも今年はこれで最後です。

また、野球以外のブログも更新したいと思いますねー(^^)


※小島鍼灸整骨院の河南先生が、詳しくブログに書いてくれています♡

  ぜひぜひ、そちらもごらんくださーい(^^)

  『小島鍼灸整骨院、甲子園へ行く!!』です♡






☆ヨガスタジオCOREからのお知らせです☆

2016.09.23 10:48

☆ヨガスタジオCOREからのお知らせ☆


大勢の方にエアリアルヨガを体験頂き、大変ご好評頂いています♡

会員様もだいぶ増え、予約がとれないんです…と言う時も。

嬉しい反面、申し訳ありません…m(__)m


そして、お得な体験レッスンのキャンペーンが、9月末で終了致します。

今なら、体験レッスン2回で2700円です!


10月からは、2回で3240円となります。


ぜひお得なキャンペーン時にレッスン受けてみませんか(^^)


ヨガスタジオホームページはこちらからご覧ください♪

頭を背骨の真上に正しくセットする大切さ

2016.09.16 14:31

池田整骨院部コラム あごをしっかり引く

整骨院として、頭を背骨の真上に正しくセットする大切さ伝えたい                     

まず、「あごを引く」ことについて説明します。みなさんは人間の頭の重量をご存じですか?答えは「体重の約10パーセント」です。体重60キログラムの人であれば約6キログラム 。6キログラムと言えば、大体2リットル入りペットボトル3本分に当たり、かなりずっしりとくる重量ですね。ですから、活動時間中ずっと頭を支えている頸椎には、普段から相当な負担がかかっているわけです。「あごをしっかり引く」ことは、この重量のある頭が、人間のいちばん後ろ側についている背骨にシフトさせ、背骨という「柱」の真上に正しくセットされることなのです。これは整骨院として、地域のみなさまに伝えたいことでもあります。

 

頭を傾けた姿勢は頸椎への負担が大きい                      

ずっしりと重い頭が正しく「柱」の真上にセットされていれば、それほど問題はないのですが、うつむいたり頭を傾けていると、重力の負荷が加わりプラス3〜5キログラムも負担が増すとされています。もし、パソコン作業や携帯操作などで、うつむいた姿勢をとっていたら、その間、頸椎は頭のものすごい重みを支えて耐え続けていることになります。このような頭を前に出した姿勢を続けていると、頸椎関節が前に出るクセがつき「ストレートネック」と呼ばれる症状が発症しがちになります。さつき鍼灸整骨院でもストレートネックは、多くの患者さまに見られる現象です。

 

整骨院からのメッセ―ジ 健康的な生活のカギは正しい姿勢から                       

私たちの想像よりもずっしり重い人間の頭を、どのように「柱」に載せているかという姿勢の問題は、健康的な人生を決定づける大きなカギだと言っても過言ではありません 。上手な載せ方をしてきた人であれば、「柱」の機能を十分に生かし長年にわたって体をスムーズに動かしていけるでしょう。しかし、ずっとヘタな載せ方をしてきたとしたら、「柱」の機能を生かすことができず、体が動かなくなるのも早くなり、「柱」の傷み方にもかなりの差がついてくることが想像できます。だからこそ、あごをしっかりと引き、頭を常にまっすぐ「柱」に載せておく習慣が大切なのです。

 

あごを引いた姿勢は見た目にも好印象                       

そもそも姿勢というものは、あごをしっかり引いて頭をまっすぐに載せてさえいれば大きく崩れることはありません。「柱」のS字カーブが機能して、荷重をうまく分散してくれるようになっています。いつも耳の穴と肩のラインが一直線になるくらい、大きくあごを引くように心がければ、頭を「柱」の真上にセットでき、全身の荷重バランスが無理なく上手に保てるはずです。また、あごを引いた姿勢はキリッと引き締まって見えるもの。デスクワーク中も、食事中も、歩くときも、電車に乗っているときも、いついかなるときも「あごを大きく引く」ことを意識すると、周囲があなたを見る眼も違ってくるのではないでしょうか。ですから、正しい立ち姿勢の五つのポイントのうちでも、いちばん最初に「あごをしっかり引く」こは、整骨院としておすすめしたいポイントでもあります。

ひまわり整骨院 曽根院・服部院の受付を募集しています。

2016.09.14 09:09


院内にも掲示しておりますが、ひまわり整骨院 曽根院・服部院の受付さんを募集しています。


勤務時間など多少異なるので、詳しくは各院の募集要項をご覧ください。


ひまわり曽根院の募集要項はこちらからどうぞ


ひまわり服部院の募集要項はこちらからどうぞ


どちらの院も駅から近く、スタッフ皆仲が良いのでアットホームな職場です♪

研修もしっかりと行うので、初めての方でも大丈夫。


少しでも気になる方は、お話だけも結構ですのでお気軽にご連絡下さいね!





正しく立つための要は“背骨”にある

2016.09.03 08:19

正しく立つための要は“背骨”にある

整骨運からの指導「しっかり正しい姿勢で立つことを学ぶ」

立ち方は、姿勢づくりの基本です。正しい立ち方をしっかリマスターしてしまいさえすれば、あとはその応用編としてできます。姿勢の要素のすべてが立ち方に盛り込まれていると言っても過言ではありません。整骨院の柔整師から言わせていただくと、「正しく立つ」という動作はそれくらい大事なことなのです。

当鍼灸整骨院の患者様のお話しを聞いてみると…

でもみなさんひょっとして「立つくらいは、誰にだってできるだろう」などと思っていませんか? それが実は大きな誤解なのです。たとえば、腰痛がひどくなると、立っているのさえ苦痛に感じることが少なくありませんが、そういう方に正しい姿勢で立ってもらうと、それだけで痛みをほとんど感じなくなっていったということがよくあります。これは当鍼灸整骨院の患者様の話を聞いて実感するお話し。重心の載せ方を変えるだけで痛み具合は大きく変わります。正しい姿勢で立つことを学ぶだけで、関節の症状が改善することは決してめずらしくないのです。

正しく立つには背骨を正しく扱うこと(鍼灸整骨院からのお願い)

しかし残念ながら、そういう「正しく立つ」ことの重要性が分かっていない方が非常に多いのです。私たちは、柔整治療の現場でこのことを、身をもって実感しています。長い間ずっと自己流の立ち方をしていたために、つらい痛みに苦しんでいる 方々はとてもたくさんいらっしゃいます。ですから、まず原点に立ち返り、正しい立ち方をしっかりとマスターしなければならないのです。

整骨院が教える「正しい立ち姿勢とは?」

では、正しい立ち方を覚えるためにいちばん大切なことはいったい何でしょうか。それは、体の「柱」を正しく扱うことです。 「柱」とは脊柱、すなわち背骨のことです。この背骨の扱い方の上手下手で、姿勢のすべてが決まってくると言っても過言ではありません。人間は、2本の足で立って活動する動物です。4本足を脱却し直立した際に一番のポイントになったのが「大きな脳の入っている重い頭をどう支えるか」ということでした。重い頭をグラつかせないためには、背骨がしっかりと頭を支えていなければならないのです。また、その背骨を揺るぎなく安定させておくためには、骨盤という「土台」に正しく背骨という「柱」を立たせる必要があるわけです。

そういう「柱」の上手な扱い方を会得しているかどうかによって、体の重心のかかり方が大きく変わり、それにより、首、肩、腰、ひざなどの各関節の動き方や痛み方が大きく変わってくるのです。次回からは、すべての基本となる「柱の扱い方」を中心に学んでいくことにしましょう。

 

さつき鍼灸整骨院

どんなことでもお気軽にご相談ください。 TEL.0120-534-137

お問い合わせフォーム

受付時間表