さつき鍼灸整骨院のブログ

ホーム ≫ 月別ブログ

池田市整骨院コラム 腰の可動部に関するエクササイズ 腰椎には悪いクセがつきやすい (池田市整骨院からの健康情報)

2016.06.20 20:38

池田市整骨院コラム 腰の可動部に関するエクササイズ

腰椎には悪いクセがつきやすい (池田市整骨院からの健康情報)

池田市箕面市川西の方々に正しい身体の動かし方などの情報をお送りする、さつき鍼灸整骨院の池田市整骨院コラム。今回は腰のエクササイズのご紹介です。私たちは、体の前方で作業をして暮らしていますよね。デスクワークもそうですが、料理をする時だって、物を持ち上げる時だってそうです。大抵の作業が体の重心を前に倒し、腰を前方に曲げた格好で進められます。

 

腰椎は前方に移動しがち…

ですから、歳を重ねるにつれ腰椎がどんどん前方へ動いてしまうことは、人体の構造上自然なことでもあるのです。それに加え現代人はパソコンの使用や運動不足など、過度に同じ姿勢を取り続ける生活をしていることが多いため、ほとんどの人は腰椎の重心が前寄りになってしまっています。特に池田市は、大阪のベッドタウン。大勢の方々がデスクワークに励まれていることと思います。このクセですが、そのままにしておくと腰椎の椎間板に常にたくさんの負荷が掛かるようになるため、腰椎が痛むなど体に様々な支障が現れ、さらに悪化すれば椎問板ヘルニアや椎間板症を引き起こしてしまいます。

そうなることを防ぐためには、クセを矯正しなくてはならず、矯正にとても効果的な方法がこれからご紹介するエクササイズなのです。

腰のエクササイズのやり方                           

  1. 床にうつ伏せになり、両手を胸の脇辺りに置き、腕を床に立て徐々に上体を起こしていきます。
  2. 胸が大きく反っていることを意識しながら1分間その姿勢をキープします。これを1日5回ほど行います。

エクササイズは習慣化が大切

腰のエクササイズもこれまでご紹介してきた首、背中のエクササイズと同じく習慣づけることがとても大切です。しかしこのエクササイズはうつ伏せにならなくてはならず、いつでもどこでもというわけにはいきません。ですから例えば起床時と、就寝前に行うなど習慣づけに工夫しましょう。そして腰はこまめに後方へ反らせるようにする方が良いので、座りっぱなしなど同じ姿勢を取り続けた後には、このエクササイズ以外の方法でも軽く腰を反らせるように気を付けてみてください。腰を反らせることを習慣づけることで腰椎の重心は正しい位置に戻り、軽い腰痛であればこれだけで解消することができるはずです。

腰のエクササイズは腰痛にも効果的

また、ぎっくり腰になった際にもこのエクササイズは有効です。初めの23日は腰を動かさないよう安静にし、痛みがひいてきたらエクササイズを無理のない程度に行うと良いでしょう。軽い痛みを感じるかもしれませんが、腰を正しい位置に矯正することでぎっくり腰の回復が早まります。ただし、くれぐれも無理のないように。痛みがひどい場合にはすぐに止めるようにしてください。

 

阪急池田駅そばの整骨院
「さつき鍼灸整骨院」のホームページはコチラ

 

池田市の鍼灸整骨コラム 肩と背中の健康運動

2016.06.16 03:46

池田市の鍼灸整骨コラム 肩と背中の健康運動。

池田の鍼灸整骨院、さつき鍼灸整骨院の健康コラム。今回は、肩・背中を意識したエクササイズ。

-肩甲骨と肩関節を後方向へ動かし、あるべき位置に戻す-

現代人はねこ背になりやすい   (池田市の鍼灸整骨コラム)                       

肩と背中のエクササイズは、肩甲骨と両肩の関節を適正な位置に戻すためのエクササイズです。現代生活では、例えばパソコンを頻繁に使用するなど両腕を前に出し背中を丸めた姿勢を取ることが大変多いです。この姿勢を取り続けていると、肩の関節が前に出て、肩甲骨も前に引っ張られ、背中の丸まった姿勢がクセになります。すると、胸椎の重心も前方に偏るようになり、やがてねこ背になってしまいます。このエクササイズでは、そうした現代人に起こりがちな上半身の重心が前に偏るクセを後ろへと引き戻し、正していきます。

肩と背中のエクササイズのやり方   (池田市の鍼灸整骨コラム)                      

  1. 椅子に座り(立ったままでもOK)体の背面に腕を回して手を組み、大きく胸を張って体を反らせます。
  2. 背中が反っていることを意識しながら両腕をできる高さまで上げ、その姿勢を約1分キープします。左右の肩甲骨を後方に引き寄せ、背中の中心の方向へくっつけるよう意識しながら行うことがポイントです

エクササイズは頻繁に   (池田市の鍼灸整骨コラム)                          

たったこれだけのエクササイズですが、習慣的に行うことで上半身に付いた悪いクセを矯正することができるのです。ただし習慣付けること、そして頻繁に行うことがとにかく肝心です。仕事の合間のどこか決まったタイミング、トイレ休憩のとき、歩いているときやなど、こまめに取り組むようにしましょう。

正しいエクササイズでコリも解消

エクササイズを続ければ、前に出た肩の関節と肩甲骨が徐々に後方に引き戻され、正しい位置に矯正されます。すると上半身が真っ直ぐ伸びた姿勢になり、肩や背中にコリがある場合は、じきにそれらも解消していくでしょう。

生活改善が体調改善のカギ

そして以前からお話ししていますが、〈座りっぱなし〉〈うつむきっぱなし〉〈歩かない〉現代人が陥りやすいこれらの生活習慣が体全体の関節を痛める元凶です。この生活習慣を見直すことこそが一番大切と言ってもいいくらいです。ずっと健康でいるために、このエクサイズに取り組むとともに生活習慣を少しずつでも改善していくよう心がけてください。

 

池田市の鍼灸整骨コラムは、今後も川西・箕面・池田の方々の健康に役立つ情報を、定期的に提供してまいります。

肩こりのページ

MET(マッスル・エナジー・テクニック)のページ

さつき鍼灸整骨院

どんなことでもお気軽にご相談ください。 TEL.0120-534-137

お問い合わせフォーム

受付時間表