テーピング療法

ホーム ≫ 診療案内 ≫ テーピング療法

スポーツ障害・テーピング療法・スポーツテーピングのことなら、さつき鍼灸整骨院にお任せください。

さつき鍼灸整骨院のスポーツ障害治療の特徴

さつき鍼灸整骨院では、スポーツ障害に対し、カイロプラクティック療法をメインに、柔道整復術、鍼治療、各種テーピング治療を行っております。必要な場合には整形外科と連携し、レントゲン撮影をお受けいただくなど、患者さまの症状に合わせ医学的根拠に基づき診療いたします。

またスポーツ障害の治療においては、患者さまの症状と状況を把握し、可能な限り治療とスポーツ活動を両立できるよう導きます。施術者の観点から完全休養が必要なのか否かの判断も含め、患者さまの考えを尊重した話し合いの中で治療を進めます。

スポーツ障害と施術の方法

スポーツ障害とは、スポーツ(運動)を行うことにより起きる外傷と障害のことです。スポーツ障害には必ず原因があり、また一度発症すると慢性化しやすいのが特徴なため、スポーツ障害の防止、改善には運動前のメディカルチェックと運動器の正しいケアが重要です。当院では、確かな経験に基づき、運動による慢性障害に対応いたします。

外傷に対する施術について

外傷とは、例えば転倒して起こった捻挫など、プレー中の外力による損傷です。スポーツ外傷は体の一箇所に強い力が掛かるため、ケガの程度も重症になる場合が多いものですが、運動器が回復さえすれば競技復帰は難しくありません。

しかし、そのためにはケガの箇所のみならず、それ以外の部分の筋力の持久力維持・向上を図るための正しいトレーニングが必要です。そこで、当院では筋肉や骨の構造から見た正しいトレーニングを指導いたします。

障害に対する施術について

障害とは、スポーツにより繰り返し掛かる負荷が原因で、痛みなどの症状が慢性的に続くようになったものです。例えば硬い金属も、繰り返し折り曲げるといずれは折れてしまいます。体も同じで、弱い力であっても同じ箇所に繰り返し負荷が掛かり続けると障害が生じてしまいます。

こういったオーバーユーズは、問題が明らかに外部から見て取れる場合もありますが、本人や指導者も気づかないような小さなクセによるもの、また多すぎる練習量が原因になる場合もあります。

使いすぎによる慢性障害(オーバーユース)

硬いはずの金属も繰り返し折り曲げ続けることで、いずれは折れてしまいます。これはヒトの身体であっても同じこと。例え比較的弱い力であっても、一か所に集中して力が掛かりつづけると障害が生じてしまうのです。

オーバーユースは、他人から見て明らかに問題と分かる原因もありますが、本人や指導者も気付かないクセによるもの、また練習過多や時間に問題がある場合もあります。 オーバーユースには必ず何かしらの原因があり、一度発症すると慢性化しやすい傾向があります。オーバーユースの防止や改善には、運動前のメディカルチェックと正しい運動器のケアが必要です。

さつき鍼灸整骨院 は、運動による慢性障害にも対応しています。是非一度ご相談ください。

テーピング治療について

テーピング治療では、骨折固定でも使われる「ホワイトテーピング」で患部を固定します。このテープには伸縮性がないため、運動器が動かないようしっかり固定でき、患部への負荷が抑えられます。固縛性にも優れているため、安静時の不意の可動による悪化も防がれます。

さらに、キネシオテープを用い、各関節の調整や運動機能のサポートを行います。キネシオテープは別名「人工筋肉テープ」と呼ばれる、ヒトの筋肉と同等の伸縮性を持つテープで、人間工学に基づき開発された最新のテープです。その性能はメジャーリーグや日本代表女子バレーチームのオフィシャルテープとして採用されていることからも、実証済みであると言えるでしょう。

また当院では、スポーツテーピングも行っています。スポーツテーピングで用いるのは、伸縮性のあるテープです。とは、競技に応じ、適切な箇所にテープを貼ることで、筋肉や関節の補助やコントロールを行う技術です。プレイヤーの故障個所をしっかり保護し、疲労を最小限に抑える役割を果たします。また、筋肉のブレを抑制し体のバランスを整えられるため、プレイヤーの本来持っている力を発揮する助けにもなり、大切な試合に挑む際などにもスポーツテーピングは大変有効です。

さつき鍼灸整骨院

どんなことでもお気軽にご相談ください。 TEL.0120-534-137

お問い合わせフォーム

受付時間表