SOT

ホーム ≫ カイロプラクティック ≫ SOT(仙骨後頭骨テクニック)

SOTの特徴

SOTはアメリカのカイロプラクティック治療のドクターにより創始された施術法です。患者さまの体重を利用し、ゆっくりと矯正を進めるのが特徴です。

カイロプラクティックでは、瞬間的に力を加え矯正を行いますので、その点が大きく異なります。時間をかけ整えるため、脳が骨格の正しい位置を覚えるのでしっかりと定着しやすく、また、矯正の進みがスムーズです。

従来のカイロプラクティックよりも身体へかかる負担が少なく、治療による事故のリスクを抑えることができ、特にご年配の方や女性にもお勧めの施術です。

SOTの施術方法

施術は、三角形のブロックを骨盤の下に敷き、体重を利用しながら患者さまの呼吸に合わせてゆっくりと骨盤から背骨へと矯正を進めます。骨格のバランスを良くし、神経の情報伝達、脳脊髄液の循環を正常な状態へと改善させ、自然治癒力が向上するよう導きます。

SOTは、体重を利用して、骨盤と背骨が正しい状態に戻るのを助けるという非常にシンプルなテクニックです。また骨盤が本来の位置に戻るので、施術中は心地よく、眠くなる患者さまもいらっしゃるほどです。

さつき鍼灸整骨院でのSOTの採用と、期待できる効果

さつき鍼灸整骨院でSTOを採用するのは、主に骨盤、背骨、後頭骨の矯正においてです。

背骨や骨盤を正しい位置に矯正することで脳脊髄液の流れを正常化し、神経の圧迫を取り除きます。その結果、身体の動きが軽く、快調になります。

SOTとはどんなテクニックか?

SOTは身体のバランスをとるための施術

SOTは呼吸と脳脊髄液の流れに注目し、骨盤と後頭骨がスムーズに動くよう働きかけ、身体に調和をもたらすテクニックです。

人が呼吸をすると、骨盤と後頭骨が動き、骨盤と後頭骨の間を流れる脳脊髄液が体を循環します。呼吸がポンプの役割を果たしているのです。ですから呼吸が大切であり、また骨盤と後頭骨の間の関節の位置が正常なことが重要です。

逆に言えば、骨盤と後頭骨の間の関節を調整すれば、脳脊髄液の流れはスムーズになるということです。脳脊髄液は脳を守り、脳に栄養や酵素を運ぶ大きな役割を担っているので、脳脊髄液の流れは身体にさまざまな影響を与えています。そのため脳脊髄液の流れの正常化が、体調の回復に繋がると考えられるのです。

頭蓋骨と背骨の内側には、膜が3層かぶさっているのですが、この膜の一番外の硬膜の下に脳脊髄液が流れています。硬膜はとても硬くいため、背骨が歪むと硬膜も歪み、脳も同時に歪んでしまいます。

脳が歪むと、脳から出る自然治癒力や免疫力が落ち、また血液循環にも悪影響を及ぼし、さらに血液循環の悪化は内臓の働きの低下を招きます。そういった理由からも骨盤から後頭骨にかけての矯正は非常に重要です。

身体の歪みの分類

SOTでは体の歪みを大きく3つのパターンで捉えます

  • ①仙腸関節の問題に起因する歪み
  • ②硬膜のねじれによる歪み
  • ③椎間板、または腰椎の問題に起因する歪み

中でも、③の椎間板または腰椎の問題は、ぎっくり腰、坐骨神経痛に代表される多くの症状の引きがねになる恐れがあります。これは加齢などにより起こりますが、それ以上骨が変形、変性しないように的確な措置を早い段階で行うことが求められます。

さつき鍼灸整骨院

どんなことでもお気軽にご相談ください。 TEL.0120-534-137

お問い合わせフォーム

受付時間表