カイロプラクティック

ホーム ≫ カイロプラクティック

カイロプラクティックとは?

カイロプラクティックは、19世紀にアメリカで発祥した治療法です。背骨を中心として骨格の異常を手技で矯正し、神経の働きを回復させる治療です。その結果、体の痛みは軽減し、自然治癒力が高まります。

具体的には、肩こり、腰痛、膝の痛み、頭痛など運動器疾患の改善に優れた効果を発揮します。姿勢の矯正、産後の骨盤矯正など、女性にもお勧めです。

また、背骨が歪んで椎間孔や神経が圧迫されると、代謝が悪くなります。カイロプラクティックでは、歪みを矯正して神経の働きを高めるため、内臓機能やストレスの改善にも効果的です。

世界中で公的に認知されるカイロプラクティック

カイロプラクティックは、手技療法の中でも特によく利用される治療法で、代替医療として約40カ国で公的に認知され、実施している国は100カ国を上回ります。整体やマッサージとは別のもので、独自の理論で身体の歪みを治療し、神経の働きを回復させる自然療法です。薬物は使わず、さらに原因が根本から改善するため、再発を抑えられるのがポイントです。

治療の特徴

カイロプラクティックでは、姿勢分析などの各種検査を行います。病歴も踏まえて、身体の歪みを神経科学や解剖学、生体力学にもとづき総合的に判断した上で、患者さまそれぞれに合う手技を用いて治療を進めます。

身体の歪みを、関節単体ではなく、骨や筋肉、軟骨など関節を構成する全組織の歪みとして捉えて改善させていく点も、カイロプラクティックの特徴です。

触診について

カイロプラクティックでは、患者さまの身体各部を手指でさわって病状を知る触診という検査を必ず行ってから、施術に移ります。 この触診には大きく分けて、「スタティックパルペーション」と「モーションパルペーション」という二つの方法があります。

スタティックパルペーション

スタティックパルペーションは静止している状態で背骨を座位(座っている姿勢)、仰臥位(仰向け)、伏臥位(うつ伏せ)で触診し、 背骨のゆがみを調べる方法です。 この触診はレントゲンやMRIなどで検査する方法と同様に、関節を可動させることのない「静的触診」と呼ばれる触診法です。

しかしカイロプラクティックにおいて、背骨のゆがみを正確に知るためには、この方法による触診だけでは限界があります。これは人の背骨は直ぐではなく、中央に存在する「棘突起」と呼ばれる部分に正常範囲内の奇形があるためです。

棘突起の奇形は、必ずしも人の活動に悪影響を及ぼしているわけではありません。そのため、「静的触診」であるスタティックパルペーションだけでは、関節に異常があるのかどうかの判断が難しいのです。

モーションパルペーション

スタティックパルペーションの欠点を補い、より正確に背骨のゆがみを見つける検査方法、それがモーションパルペーションです。カイロプラクティックでは、通常この2つの検査を行います。 モーションパルペーションは別称「動的触診」とも言われる検査方法で、患者さまの関節を施術者が可動させ関節が正常に動いているか否かを検査する触診法のことです。

正常な関節運動とは?

例えば、腕を自分でできる最大限まで伸ばした後、他の人に引っ張ってもらうと、さらに少し腕は伸びます、これを「関節の遊び」と言います。このように関節に融通が効くようになっていることで、体は自由に動かせます。関節の遊びが大きくなりすぎたり、逆に小さくなりすぎたりすると、スムーズに動作を行えなくなり、あるいは動かした際に痛みが生じるようになるのです。

関節の可動域を的確に把握できる検査

モーションパルペーションは、脊椎や四肢の関節の可動に異常がないかを調べられる検査法です。もし関節の可動性に減少がみられれば、それが筋によるものか?関節自体の制限によるものなのか? 動的触診であるモーションパルペーションであれば、動きの質がそれぞれ異なるため簡単に鑑別できるのです。

オステオパシーについて

オステオパシーは、19世紀にアメリカで発祥した手技療法です。身体全体を一つのユニットと考え、身体の歪みを矯正し、機能性を高め、本来持つ自然治癒力を回復させることで健康へと導く自然療法です。

オステオパシーはアプローチの範囲が身体全体(骨格だけでなく、筋肉や内臓、リンパ液、血管、自律神経)に及ぶことや その手技が極めてソフトなタッチ(グラム単位)であることなどが特徴です。

身体の歪みを正し、自然治癒力を回復させる点において、カイロプラクティックに似ています。ただし、カイロプラクティックが骨格の矯正を直接行うのに対し、オステオパシーは筋肉へのアプローチにより骨格の矯正を促します。

当院がオステオパシーを行う主な目的

  • 血液やリンパ液の循環を促す
  • 自律神経や内臓の働きを回復させる
  • 全身の筋肉や関節の緊張をほぐす
  • 頭蓋骨の歪みを矯正する

SOTについて(仙骨後頭骨テクニック)

仙骨後頭骨テクニックとは、後頭骨と骨盤(仙骨)のバランスを整え、循環が悪くなった脳脊髄液の流れを良くし、自然治癒力を高める治療法です。患者さま自身の体重で身体の歪みを矯正する点が特徴です。

>>SOTページ

METについて(筋エネルギーテクニック)

筋エナジーテクニックとは、身体に負担をかけることなく、機能障害を改善できる手技です。筋の等尺性収縮を用いて、拮抗筋のストレッチや弱化した筋の強化、関節可動域の改善、疼痛の緩和などの効果があります。

>>METページ

当院の治療について

各治療については、施術内容をしっかり説明するので初めての治療でも安心です。お体の不調にお悩みの患者さまは、ぜひ一度ご相談ください。阪急宝塚線・池田駅から徒歩3分。当日のご予約も受け付けています。

さつき鍼灸整骨院

どんなことでもお気軽にご相談ください。 TEL.0120-534-137

お問い合わせフォーム

受付時間表