さつき鍼灸整骨院のブログ

ホーム ≫ 月別ブログ

ダイエットのすすめ

2017.07.25 19:02

こんにちは、さつき鍼灸整骨院の平井です。

ついに関西も梅雨明けしたようです…

来院される患者さんが口々に「暑いね~」「暑すぎて外歩いてられへん!」「溶けそうなくらい暑いね。脂肪が溶けて体重が減ってくれたらいいのに」なんて仰られています。

…で、です!


季節を問わず、ダイエットの話は盛り上がります。

この前は体重を1kg減らすのには、何カロリー必要か?って話をしていました。

ちなみに、フルマラソンを走れば、体重(kg)×走った距離=消費カロリー で計算できます。

65kgの方なら、約2742カロリーです。

この数字だけ見たら、1.5日分の消費カロリーに相当するので、すごいエネルギーの消費ですよね。

でも、ダイエットなら、何キロ減ったの?と脂肪に換算すると…

脂肪は1グラムで7カロリーを燃焼できるので、実際には400グラムほどしか消費されていません。


それ以外に体重が落ちている分は、身体の中の水分が体外の出ただけなので、1週間ぐらいで元に戻ります。

ダイエットとして考えるなら、ちょっとガッカリですよね…


では、1キロ減らすのに何カロリー必要なの?!ってなります。

その答えは…なんと7000カロリーです!


ちょっと待って(・・;)フルマラソンを2.5回分走らないとあかんの…?!ダイエットは考え直したほうが。。。

でもっ!!聞いて下さい!!

1ヶ月で1キロ減らそうとすると…

7000(カロリー)÷30(日)×3(食)とすると、一食あたり78カロリー減らすだけで、1キロ減量に成功です。

ちょっと現実可能な数字になったと思いませんか?それに加え、少し運動を+αすれば、さらに目標に近づきます。

そして+αに気を使えば身体を健康にし、維持出来れば今よりも身体を使えるようになっていきます。


その時、身体に歪みがあるとバランスが崩れ、傾くと身体を充分に使えず、関節の動きに制限が出てきます。

それを治療で改善させ、バランスが崩れ弱くなった部分を鍛える。

それを維持する努力をすれば、今よりも傷みの少ない疲れない身体が出来上がってきます。

日常生活で疲れにくい身体を作るのに、アスリートの様なトレーニングは必要ありません。


痛みの原因と身体の使い方を知り、当院に一度足を運んでみませんか?

いつの間にか、ダイエットのきっかけになるかもしれませんよ(^^♪

腹筋にはこれ!美姿勢ヨガ!!

2017.07.12 15:39

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。

夜の底が白くなった。

信号所に汽車が止まった。

ご存知、川端康成の雪国ですが、池田は違います。


池田の黒い階段を登るとヨガスタジオCOREであった。

気持ちの底が明るくなった。

スタジオに導かれるように入った。


そうです。今日は以前のブログ

腰痛予防にはヨガで予告した、美姿勢ヨガのご紹介!


いきなりですが最近、皆様、

お腹周りどうですか?

引き締まっていますか?

たるんでいませんか?

この夏大丈夫ですか?

気になる貴方に受けて欲しいヨガ

美姿勢ヨガ(他にもいっぱい種類はあるんですよ~)

当然、ヨガと聞けばどんなポーズをするんだろう?

どんな先生?

私に出来るかな?

いろんなことが頭に浮かびますよねぇ~

でも心配要りません。

私も始めたばっかりです。

こんな感じで。

私の好きなアーサナはこれです。

ガルダ・アーサナ(鷲のポーズ)!

これしかないでしょう。

しかし、出来ているんでしょうか?


sachiko先生と一緒で笑顔で出来ているのでこれでいいでしょう。

sachiko先生と一緒に


こんなポーズや

こんなことまで出来ちゃうんです。

姿勢は本当に大事です。

レッスンで姿勢を意識して体幹を鍛えることで

肩こり、腰痛にも効果があるんです。

代謝もあがるのでシェイプアップにも~~

腹筋もやりますよ、腹筋も!

こんな感じで


さぁ!夏に向けて美姿勢ヨガ!!

(池田店でも豊中店でもあります)

やるっきゃない!!!

足裏の痛み

2017.07.10 14:02

最近の暑さと来たらもう・・・

『院内にはクーラーがかかってるから快適でいいですね』とよく言われるのですが、お昼休みに外出するとその温度差で、ぐったりしてしまいます。気温も高い上に湿度もあるので、身体はしんどいですよね。

今回の患者さまは足の痛みで来院されました。

足先が痺れる感じがあり、整形外科でレントゲンを撮っても異常はないし、ビタミン剤を処方してもらっていたが軽減せず、どうしたらいいものだろうか・・・と考えられていたそうです。

日常生活の中で何かで怪我をしたと記憶も無く原因は見当たらないそうで、記憶の中で足を痛めた事があるは随分前のこと、それが今になって影響することがあるのだろうか?と考えていらっしゃいました。

様々な場合があるのですが、怪我をしてそのまま適切な処置をしていなかった場合、傷口が綺麗に治らず傷跡として残ってしまっていると、何かの原因で後々に症状が出てくる場合もあります。ですが、今回の原因ではありませんでした

モートン病という名前をご存知でしょうか?

足の指の付け根周辺の炎症が発症したり、神経を圧迫することで神経症状が出ることを言います。部位として出やすい所が、足の指の付け根、2指と3指の間、3指と4指の間に神経症状に訴える方が多くいらっしゃいます。

はっきりとした原因は分かっていないのですが、ハイヒールを履いて爪先立ちになる時間が多い、サイズが合わない靴を履いている、偏平足気味の方に症状が出やいといった特徴があるのでそのような方は注意が必要です。

治療法としては安静と適切な靴選びが必要になります。ハイヒールやパンプスを避けていただき、足指周辺に負担が少ないものを選ぶ。そしてインソールを作る。ステロイド注射を打つ。それでも改善がみられなければ手術する事になるのですが手術するまでは少ないと思います。

インソールを作る方法もあるのですが、履く靴が限られてしまう。なので、今回は偏平足ぎみだった足の治療と身体のバランスを取ることにより、症状が改善してきました。症状のある部分、身体全体を診た時に左右差がある場合にはなんらかの原因が考えられます。その原因を丁寧に取っていけば症状は改善するかと思います。

足裏に痛みがある、しばらく様子をみているが改善しないなどの困ったことがあれば、一度当院に足を運んでみませんか?

さつき鍼灸整骨院

どんなことでもお気軽にご相談ください。 TEL.0120-534-137

お問い合わせフォーム

受付時間表