さつき鍼灸整骨院のブログ

ホーム ≫ 月別ブログ

池田整骨院コラム アキレス腱炎について

2016.10.25 13:39

池田整骨院コラム アキレス腱炎について

最近やっと涼しくなってきたかと思いますが、なかなか気温が一定しませんね。どんな格好で外出すればいいのか悩んでしまいます。早く過ごしやすい日が来て欲しいですね。皆さんは秋と言えば何でしょうか?大阪の池田市にあるさつき鍼灸整骨院では、スポーツの秋が始まっています。

今回の池田整骨院コラムでは、アキレス腱炎の患者さんの症例を紹介します。

アキレス腱炎の患者さんの症紹介

当整骨院に、『マラソンをされている方でレントゲンをとっても骨に異常が無い…』と、言われた患者さんが来院されました。この患者さんの趣味は、ランニング。しかし今は、踵が痛くて走れないとの事。骨に異常が無い事は先に承知の事だったので、筋肉などの軟部組織を見ていきました。診てみると、左右のアキレス腱の太さに違いが。左右の足裏の血色の違い、アキレス腱内側の圧痛もあります。患者さんのお話しでは、「走るとアキレス腱の周りが痛くなる」との事だったので、アキレス腱炎(アキレス周囲炎)と考え施術していきます。

今回のアキレス腱炎は“使い痛み”が原因

今回のアキレス腱炎の症状は、使い痛みによるもの。こういったケースは、安静が一番良い改善方法なのです。しかし患者さんからは、この秋に初フルマラソンに出場するため、なるだけ休まず治療がしたいとのご要望をいただきました。

施術によりバランスを整える

治療に際し他に異常が無いかを確認していくと、臀部(お尻)の筋肉の過緊張、膝関節の違和感、踵の動きの悪さ、そして骨盤の傾きによる足の長さの違いがありました。それらを調節すると、足裏の血色の悪さがマシになり両足に体重が乗る、つま先に力が入ると言って頂けました。本当はこの施術をしながら2週間ゆっくり休憩して頂きたい所ですが、フルマラソンまでそんなに期間がありません。慎重に見極めながら練習を続けながらの施術になります。頑張って無事に完走出来るようになってもらいたいと思います。

様々な不具合をもたらすアキレス腱炎

アキレス腱炎には他にも色々な症状があります。熱感やしこり、腫れや稀に陥没したりもします。時にこの症状は、慢性化してしまうと「骨棘」が発生し、重症化する場合もあります。アキレス腱炎の一番の原因は使い痛みによるオーバーワークが多いので、練習をした後にしっかりとストレッチをすることが重要です。

ストレッチは下半身に対するものが重要

ストレッチをする場所は最低でも下半身。ふくらはぎで終わらず、大腿部、臀部までしてください。アキレス腱炎は、靴が合わないことから起こるストレスでも発症します。靴が自分には合わないなと思えば、思い切ってその靴の使用を中止しましょう。それと、アキレス腱炎を発症した後からストレッチをすると、悪化させてしまいますので、整骨院や病院など、早めに相談するようにしましょう。では素敵な秋を!!

☆イベントレッスンのお知らせ☆

2016.10.14 16:45


だいぶ寒くなってきましたね(/_;)

寒くなってきたからこそ、身体を動かして温まりましょう♪


今日は、ヨガスタジオCOREからのお知らせです。


11月6日(日)、イベントレッスンを行います~!!

普段、COREではやっていないレッスンですので、興味のある方はぜひご参加下さいませ。


・3・4・5歳親子で一緒にキッズエアリアル

・小学校1・2・3年生親子でキッズエアリアル

・テンセグリティーヨガ

・アーユルヴェーダ基礎講座(テキスト付き)

・チャクラマントラヨガ


…と多彩なコースでお待ちしております(^^)


非会員の方もお気軽にお越し下さいネ。


テンセグリティーヨガ?

アーユルヴェーダ??

チャクラマントラヨガ???


なかなか聞きなれない言葉ですが…

詳しくはヨガスタジオCOREのホームページをご覧ください♪

私も今からどんなレッスンか気になっています!


11月12日まで、1周年キャンペーンも行っています。

会員様はもちろん、この機会に入会された方にプレゼントをご用意しております☆

池田整骨院ブログ「肩こり」の症例について

2016.10.05 19:42

池田整骨院ブログ「肩こり」の症例について

阪急池田駅から歩いて2分にある、さつき鍼灸整骨院のスタッフ平井です。私は池田市や川西市に根差した治療を常日頃、考えるようにしています。多くの来院理由に挙げられている当整骨院のお越しになる患者さまの「肩こり」について症例紹介と経過観察をコラムに記載してみたいと思います。

肩こりの患者さまの症例1

まずご紹介したい患者さんは、「最近肩こりが酷く、首を動かすと突っ張ると言われて患者さま」についてです。整骨院に来院された当初は、仕事でパソコンをよく使うとの事だったので、いわゆる筋疲労からくるものや、最近肩の調子が悪いからとレントゲンを撮るとストレートネックと言われて来院されたのかなと想像していたのですが違いました。

過去の骨折が肩こりの原因に

既往歴を聞いていくと、十年以上も前に一度鎖骨を骨折した事があるとの事。触診すると治癒は済んでいるのですが、ほんの少し曲がって骨がつながっておられるようです。鎖骨周辺には首に向かって付く筋肉があります。この方の場合、ほんの少しの歪みですが筋肉のテンションが右と左の差を生んでしまい、「肩こり」の原因になっていました。首に歪みが生じると、左右の高さの違い、肩甲骨の位置の違いが生まれて、症状を悪化させてしまいます。骨折と普段からの姿勢によって前方頭位姿勢を生み、負傷したその左右差が首の回旋の向き難さ、ツッパリ感を生じていました。

ケースによっては鍼治療も

今回の治療では、首や背中にある関節の歪みを、カイロプラクティックのテクニックを使って取り除くことにしました。具体的には、筋緊張を取ってあげる事で症状の改善を図ります。鍼治療に抵抗の無い方には鍼を打つ事もあります。

状態に合わせて、首にアイシングを施す

治療により、今までずっと筋緊張が続いた身体が開放されると、一気に脳へ行く血流量が増えることがあります。そうなると、後で身体がしんどくなってしまうケースも…。

その予防としてアイシングは効果的です。

肩こりには状態に合った対応が必要

肩こりは今まで行ってきた習慣の延長上にあります。ある程度症状が取れても生活習慣が変わらなければまた元に戻ってしまいます。そうならない様にする為には、まずはある程度の治療回数。次に症状が良くなってくると、軽い運動が必要になってきます。いつどのようなことをすればいいのかは、その方によって違うので肩こりでお悩みなら、一度、当整骨院までご相談下さい。

今回の症状は既往歴があり、そこからアプローチしていきましたが、その他にも肩こりの原因となるものは沢山あります。当院のホームページの診療案内にも肩こりを載せていますので一度ご愛読いただければと思います。

院 肩こりページ

さつき鍼灸整骨院

どんなことでもお気軽にご相談ください。 TEL.0120-534-137

お問い合わせフォーム

受付時間表