さつき鍼灸整骨院のブログ

ホーム ≫ 月別ブログ

池田市整骨院コラム 肩と背中のボールエクササイズ

2016.07.15 12:20

池田市整骨院コラム 肩と背中のボールエクササイズ

-肩甲骨と胸椎の関節を緩める-

さて、今回は整骨院が指導する肩の関節を緩めるためのエクササイズです。首のエクササイズと同じく、テニスボールを使って行います。それでは、さっそくやり方からご説明しましょう。

 

肩と背中のボールエクササイズ                           

パソコンを使い続けたり、デスクワークを長時間したりなどで腕を前に出す姿勢を取り続けていると、肩と左右の肩甲骨が前方にずれてきてしまいます。さらには胸椎にも前方向の力が掛かるようになり、ねこ背が悪化していきます。すると、肩、肩甲骨、胸椎が正しい位置より体の前方にずれたまま固定し、つまりはねこ背が定着して、背中、肩に酷いこりや、腰痛などの症状が現れるようになります。

現代の生活でパソコンの使用は欠かせないですよね。腕が前に出る姿勢を取ることがどうしても多くなるものです。そこで対策が必要になってくるのですが、それがこれからご紹介する肩と背中のテニスボールエクササイズです。

 

やり方                                                                         

1.2つの硬式テニスボールを横に並べて、ガムテープを使い固定します。

  1. そのテニスボールを乳首の高さ、肩甲骨の中央の位置に、背骨と直角になるようセットし、硬い床の上に仰向けになります。体全体の力を抜き13分、体が痛くならない程度の間続けます。その間ボールの位置がずれないように注意しながらその姿勢を保ちます。これを1日23回行います。

 

ポイント                                                                        

・フローリング、畳など硬い床の上で、枕は使わずに行うこと

13回まで、そして1回に3分以上は行わないこと

 

習慣的に行うことで、肩こりやねこ背が解消!                        

このエクササイズでは、胸椎に後ろ向きの力を加えることで肩と肩甲骨を後方へ伸ばします。すると胸椎と肩甲骨が緩み、徐々に正しい位置に矯正されていきます。ねこ背の人や、背中や肩にこりがある人ほど効果が高く、エクササイズの際に関節がポキポキと音を鳴らすかもしれません。これは関節が緩んでいる証拠ですので、そのまま続けてください。

他のエクササイズと同様、やはりこのエクササイズも習慣化することが大切です。毎日行ううちに、次第に肩、背中の関節がほぐれ、こりや張りが軽減し、ねこ背が解消されていきます。朝起きた時と、夜寝る前に行うようクセ付けると良いかもしれませんね。みなさんもぜひ整骨院が指導するエクササイズを習慣にして、快適な体づくりを心がけましょう。

池田市の整骨院コラム 首のボールエクササイズ

2016.07.06 12:16

池田市の整骨院コラム 首のボールエクササイズ

-頸椎の関節を緩める-

 

これまでさつき鍼灸整骨院のコラムでは、関節についた長年の癖を矯正するエクササイズをいくつかご紹介してきました。さらにここからは関節を緩めるためのエクササイズ、首・肩・腰の3種類です。まずは首のエクササイズから始めることにしましょう。

 

首のボールエクササイズ                                                        

このエクササイズでは、頭と首の境目、頚椎付近の関節を緩めます。頭と首の境目辺りには頭の重さが常にかかるので、関節が固く狭まりやすいです。特にデスクワークでうつむいた姿勢を取ることの多い方は首付近にたくさんの負荷が掛かります。しかし関節が狭まったまま放っておくと、首や肩こり、酷くなると自律神経を圧迫し、頭痛、めまい、吐き気を引き起こします。

頭の重みが頚椎付近に掛かるのは避けられないことです。ですからこの関節を緩ませるエクササイズを行い、正常な状態に戻すことが必要になってきます。

 

やり方                                                                        

  1. 硬式のテニスボール2つを揃えて横に並べ、それをガムテープで固定します。
  2. 後頭骨の下の出っ張り部分を指で確認します。首の上の方の左右にあります。そのすぐ下は柔らかくなっているはずで、ここが頭と首の境目です。そこに1のテニスボールを当てて、硬い床の上に寝そべります。ボールから自然と力が加わると思いますが、力の方向が額へ向かっていることを確認しましょう。ボールの位置がずれないように気をつけながら、その姿勢を3分程キープします。これを123回行います。

 

ポイント                                                                        

フローリングや畳など、必ず硬い床の上で行うこと。

 

習慣的に行うことで効果が現れます                        

やり方は簡単ですね。このエクササイズに取り組むだけで、首の関節を緩めることができるのです。ただし他のエクササイズと同じく、習慣づけることが大切。起床後と就寝前に行うと続けやすいかもしれません。このエクササイズを行うようになってから、原因の分からなかった頭痛やめまい、吐き気が解消したという話もよく聞きます。首や肩こりにも効果的なので、みなさんもぜひ実践してみましょう。

さつき鍼灸整骨院

どんなことでもお気軽にご相談ください。 TEL.0120-534-137

お問い合わせフォーム

受付時間表